パタヤ フリーランス「リナ」10

投稿者: | 2022年6月27日

 2021年8月18日。14時。リナちゃん。前回、射精を途中で止めると賢者タイムの原因ともいわれるプロラクチンという物質の分泌が抑えられて、結果2戦目がしやすくなるのではないかという検証を行いました。今日はその再検証。そして今回は射精を止めるというフィジカル的なことだけでなく、別の興奮材料を加えてメンタル面からも2回戦目をサポート、コントロールしてみることにしました。

 そう。別の興奮材料とは・・・コスプレ。コスプレの力を借りてみてはどうかと思いつきました。また、そもそもよく考えてみればこれまでコスプレセックスをする時はいつも1回戦目前にコスプレ衣装を渡してプレイをしていました。しかし、リナちゃんは抜群のスタイルと神乳をもつ女の子。その乳を堪能しないのはもったいない、と毎度セックスが始まるとすぐにそのコスプレ衣装を脱がしていました。

 これではあまりコスプレセックスの意味がないのではないかと前々から気づいていました。やはりコスプレセックスの醍醐味は着衣でのセックス。服を着たままでセックスする背徳感を感じることが大事。それならばいっそのこと、1回戦目はリナちゃんの裸を堪能しながらセックスをして、2回戦目はコスプレ衣装を着せてセックスしたらよいのではないか。そう考えつきました。

 さて、約束の時間にやってきたリナちゃん。部屋に入るやいなや、リナちゃんは服を脱ぎ全裸になって私に飛びついてきます。そのまましばらくイチャイチャしていると私は早々に勃起。お互いの性器を擦り合わせているとリナちゃんも濡れてきたのでそのまま生で合体、といういつものパターン。相変わらずの生セックスの気持ちよさ。この気持ちよさはいつまでたっても慣れるものではありません。

 特に我慢することなく程なくしてあっけなく一発目の射精。いつものようにリナちゃんのお腹に精子を撒き散らすためチンコを引き抜きます。しかし、今日は?今日も?ここからが本番。射精の快感に思わず最後の最後まで絞り出したくなる気持ちを抑えて、肛門括約筋に力を加えて、必死に最後の射精のひとシャクリをこらえます。すると1回戦目が終わったと考えたリナちゃんがシャワーを浴びに向かいました。

 私はその間にコスプレの準備。ちなみに今回用意したのは学生服。しかも定番の日本のセーラー服ではなくタイの学生服。コスプレ衣装ではなくガチもの。タイのアマゾンことラザダで手に入れました。制服をリナちゃんに見せると一瞬呆気にとられていたようですが、次の瞬間爆笑していました。何でもリナちゃんいわくこれは「女子中学生用の制服」とのことでした。

 ロリコンなの?そういうのが好きなの?とリナちゃんは笑いながら意地悪な質問をしてきます。これは不可抗力。そんなこと本当に知りませんでした。私はロリコンではありません。ネットでTHAI SCHOOL UNIFORMと調べたらこれがヒットしただけです。リナちゃんは笑いながらも女子中学生用の制服を着てくれました。ちなみにそんなリナちゃんは顔立ちが幼いので中学生用の制服がよく似合っていました。

 ちなみにこの制服はいつものペラペラな生地のコスプレ衣装とは違い、本物の制服のため縫製もしっかりとしています。まさにガチもの。ある種コスプレの醍醐味ともいえます。そんな中学生の制服に着替えたリナちゃんとベッドで再びイチャイチャ。すると私の考察が正しかったのか?イチモツは自然と勃起。そしてリナちゃんが濡れるのを待って再び騎乗位にて合体となりました。

 しかし、せっかくの本物の学生服。そしてそれがよく似合っている童顔のリナちゃん。どうせなら下からでなくしっかりと女子中学生姿となったリナちゃんを見ながらしたい。ということで良きところで正常位に移行。うーん、これはやばい。リナちゃんが童顔(そもそも20歳で若いんですが)なので本当に女子中学生とセックスしているみたい。背徳感がやばい。自分は決してロリコンではないのですが、それでも興奮します。

 横の鏡には女子中学生に馬乗りになって腰を振る40超えのおじさんが映っています・・・正直今警察に踏み込まれたら完全に豚箱行きだな。そう考えると不覚にもさらに射精感が高ぶってしまいました。やばいもう出る。ということで2回戦目とは思えない速さで限界が訪れてしまいました。もう我慢できない。というわけでそのまま快楽にあらがうことなく射精となりました。

 最後の最後、理性を振り絞り、制服につかないようにと制服の裾をあげました。チンコを引き抜いてその空いたスペースの肌に照準を合わせての射精。しかし、さすがに2回戦目。そこまで元気に発射はせず、ポタポタとリナちゃんのお腹に精子が零れ落ちただけでした。これはやばい。はまりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です