バンコク サイドライン「モリ―」

投稿者: | 2022年6月13日

 2021年8月11日17時。本日2回戦目。モリー19歳。40分1200バーツ。先程のニンから4時間ほど経っています。その間にホテルにチェックイン。バスタブにお湯を張り、温泉の素を入れてリフレッシュ。そのためまるで1回戦目のようなテンションで2回戦目に挑むことができました。しかし、指定されたホテルが私にとっては鬼門ともいえる例のトンローのモンスターホテル。

 先ほどのニンが全くの別人でした。今回もそうかもしれない。モンスターだった場合、逃げ出さなくてはいけません。そのためしっかりとフェイク通信アプリを起動させつつドアをノックしました。すると部屋から出てきたのは・・・写真通りの嬢。いや、写真よりも全然可愛いい・・・・・顔は。そう、首から下がすごい太い。しかし、顔は超絶かわいい。このギャップがすごい。まるでアイコラのようです。

 それにしてもこの嬢誰かに似ている・・・そうだ。この前サンジャポに出ていた元AKB48の奥真◯美?だ。体はともかく顔はそっくりだ。つまり体はとんでもなくぽっちゃりですが顔はアイドル級というわけです。これはこれでアリなのかもしれない。頭では迷っていても下半身が勝手に動いていました。ということで、気づけば逃げ出すことなく嬢に導かれるまま部屋に入っていました。

元AKBの奥真〇美↑

 入室後、まずは世間話。嬢は愛想よく私の隣に座ってニコニコと話しかけてきます。その顔が間近で見てみても可愛い。超可愛い。しかし、やはり下半身がやばい。非常にもったいない。これで体重が20キロ痩せていればトップアイドルにだってなれただろうに・・・・・まあ、それならサイドラインで働くこともないわな。そう一人自問自答しながら話しているとこの嬢、プロフィール通り19歳で大学生とのこと、

 また、何と今日がサイドライン初日とのこと。自慢じゃないですが、私は毎日のように複数のサイドラインのページをチェックしています。そんな私が見たことないのですから、おそらくこのサイドラインバージンというのは事実かと思われます。うーん、それにしても可愛い。人形のような顔、というのはこういうことを言うのでしょう。しかし、一方首から下は・・・。綺麗な顔と太い下半身とのアンバランスよ。

 でも、よくよく考えれば、本番が始まれば胸から下は気にならなくなります。特に正常位なら下半身は見えません。目に入るのは顔と胸だけ。挿入さえしてしまえば、この豊満な胸と綺麗な顔だけみてセックスできるということ・・・。これはこれで興奮するかもしれない。本番前だというのに、そして本日2回戦目だというのに息子がちょっと首をもたげてきました。よし。シャワーを浴びよう。ということで一緒に浴室へと向かいました。

 さて、浴室で嬢の裸体が露わになりました。やはり太い。着衣している時よりきつい。この裸体を見てしまうと気持ちが萎えてしまいます。ということで意識して胸から上、特に顔を凝視することにしました。顔だけ見ていれば、まるで裸のアイドルに洗体してもらっているように錯覚して興奮すらします。そしてしっかりと体を洗ってもらいベッドに向かい対戦開始となりました。

 さて、嬢のサービスですが、巧みさこそありませんが、一生懸命な生フェラ。十分気持ちよい。何よりあの綺麗な顔が私のイチモツを咥えて飲み込んでいます。当然ここでも顔だけ凝視し、胸から下を見ないように気を付けます。するとまるで再びアイドルにフェラされているような錯覚を覚えます。そうして想像力の力を借りることでチンコは痛いほどにビンビンに勃起。嬢がゴムを装着して騎乗位にて合体となりました。

 しかし、この騎乗位が悪手。まず重い。そして上半身全体が目に入る。豊満な胸は見えますが、それより大きなお腹が見えてしまいます。しかも下から見上げる形。そして、肝心の顔が見にくい。そのために早々に体位を変換。普段ならばしばらく騎乗位にて嬢の肢体を見ながら楽しんで、座位、後背位などに移行するのですが、今回は正常位一択です。これで嬢の胸から下を見ないで済みます。

 正常位に移行後、嬢は慣れていないからか、恥ずかしいからか、ずっと目を閉じていました。これが逆に嗜虐心をそそります。また、目を閉じているため、逆に思う存分、その綺麗な顔をガン見することができました。やはり顔は美しい。思わず顔の造形隅々まで観察してしまいました。さらにこちらの予想通り正常位になってしまえば嬢の下半身はあまり気にならなくなりました。

 しかし、少し体勢を起こすとどうしてもお腹が見えて萎えてしまいます。しかし、ぴったりくっつくと下半身は目に入りませんが、お互いのお腹が当たって動きづらい・・・ということで、その中間。多少きつい体勢、まるで腕立て伏せの途中の状態をキープするような体勢で腰を振ることで落ち着きました。

 ちなみにこの嬢キスはフレンチのみ。これは残念。しかし、よくよく考えればキスをしてしまうと嬢の顔が見えない。この嬢とのセックスの醍醐味は何よりその端正な顔を見ながらすること。本当思わず見惚れるほどの美貌です。うん。もう下半身とかキスとかもうどうでもいい。嬢が目を閉じているのを幸いに、ずっと顔を凝視しながら腰を振っていました。この顔を見ながら果てたい。

 やはり顔が綺麗でアイドル級だからか?顔を凝視しながら、ただ腰を振っているだけ、そして本日2回戦目にも関わらず、ものすごい快感度です。その刺激に驚きつつ、もっとこの綺麗な顔を見ながら腰を振り続けたいと願います。しかし、しばらくして我慢の限界が訪れます。くそ。ここまでか。しかし、最後の最後までこの綺麗な顔から視線を外すものかと嬢の顔を網膜に焼き付けるようにしてラストスパート。そして、射精となりました。

 結果、2回戦目とは思えぬスピートと量の射精。もう腰を動かす必要はないので、射精時は嬢にさらに密着。メンチ切るくらいの距離で嬢の顔を凝視、さらに両手で嬢の顔を触れながら果てていました。射精後もこれ以上は不自然なくらい嬢の顔を見ていました。私が嬢から離れると、嬢は私のゴムを処理をしてシャワー室に向かいました。地雷嬢の場合、この時に深い賢者タイムに陥るのですが、今回はなし。逆に満足感で満たされます。

 やはり、セックスとは、肉体的な気持ちよさと同時に精神的な気持ちよさも関係してくるのだな。つまり今回でいえば、アイドル級に可愛い顔の嬢としている、この1点で満足感を得ることができ射精に至ったわけです。視覚からの情報がメンタルに影響して、フィジカルに直結した。そんなことを体感したて勉強した一戦でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です