バンコク サイドライン「ケール」

投稿者: | 2021年7月4日

 2020年12月30日16時。サイドライン嬢のケール。タイとマレーシアのハーフとのこと。口コミで上々の評価、アラビア風の顔立ち、とあったので思わず予約していました。先程のスヨンがハズレだったので、正直このケールには期待していました。60分1500バーツ。プロンポン駅付近のホテルでした。

 さて、約束の日時。ドアをノックして出てきたのは・・・写真の50%くらいでした。いや、正確に言えば顔は写真の70%くらい。しかし、体型が写真の倍くらいあります。思わずうっ!となりました。よくよく考えれば写真に違和感はありました。白く飛ばされた写真。全体像がない写真。そういうことか。

 が、部屋に入ってしまっているので仕方がありません。 なんとかテンションと下半身を奮い立たせるべくトーク。不幸中の幸いで愛想はいい。一緒にシャワーを浴びます。そしてベッドへ。その愛想の良さから想像はしていましたが、サービスは上々。むしろすごいくらいのサービス。棒と玉そのまま飲み込むような前戯を初めて体験しました。 そんな妙技もありしっかり反応して立派に屹立。そして挿入。

 まあ、挿入まで行くと嬢の体型は気にならなくなります。というか見えなくなります。見えるのは顔と大きな乳房のみ。思わず乳房に武者振りつき腰を振っていました。そうして気づけば本日2回目にも関わらず大量放出。深く大きい射精感。それはもう自己嫌悪するほどでした。

 ・・・・ こんなボストロールみたいな嬢に(顔はそこまで悪くはないけど体型)しっかり出すとは・・・そんな賢者タイムから、終わった後、そそくと退出。こちらも60分どころか40分も経たずに退出しました。はあ、2回目だから万全を期して60分にしたけれど40分1200バーツにしておけばよかったな・・・今日は2回ともハズレ嬢でした。

バンコクで夜遊びするときにおすすめのホテルはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です