パタヤ フリーランス「ベンツ」

投稿者: | 2020年9月15日

 2020年7月8日。漢気チャレンジ2回戦目。本来は1回戦が終わったらsoi6あたりにでも繰り出そうと思っていたのですが、急遽、今日会える?と連絡が来ました。ベンツ。22歳。この嬢とは前日に金額の折り合いがつかずにそのままになっていました。彼女からの提示額は1500バーツ。こちらはカウンターで1000バーツ。

 駄目なら仕方ないと放置していたら彼女のほうから連絡がきました。やはりコロナで仕事がなくお金に困っているのかもしれません。というわけで早速ホテル前で待ち合わせすることになりました。ベンツは約束の時間から20分ほど遅れてやってきました。最近、時間通りに来る嬢とばかりあっていたので久しぶりにホテル前で待ちぼうけをくらいました。

 さて、やってきたこの嬢、ベンツ、ですが、会った瞬間からスマホをいじっています・・・これはハズレかもしれない。数千回にも及ぶ夜遊び経験からハズレ嬢のにおいがプンプンしていました。そしてホテル入室。部屋代を支払っているその間もずっとスマホをいじっていました。

  先にシャワー浴びるわ、といいシャワー浴びます。それでも彼女はスマホをいじっています。私がシャワーを浴びてベッドに戻ってもスマホをいじっている。しばらくすると諦めたのかシャワー浴びにいきました。そうしてようやくプレイ開始。完全にマグロ、ここまでのマグロは珍しい・・・

 事前にこの嬢のインスタで写真を見ていたが、ファラン好きなのか、それとも個人的に私が気に食わないのかわかりません。しかし、このまま2人で寝ていても仕方がありません。とはいえこちらからサービスする気にもなりません。面倒くさいがこちらが折れてまずは場を明るくすることに努めます。

 まったくキャバクラじゃないんだから・・・どうしてお金を払うほうが苦心しなくてはいけないのか?そこから軽いトーク開始。しばらくして場が温まり、向こうも気が乗ってきたのか?諦めたのか?おざなりの前戯が開始しました。こちらも下半身に集中して、なんとか挿入に耐えうる硬度を保つよう努めます。そして騎乗位で挿入。

 しかし、相変わらず嬢は何もしない。ということでひたすらこちらが気持ち良い角度で出し入れ、そうしないと中折してしまいそうです。そうしてようやく十分に余裕が持てたところで体位変換。しかし、この嬢、胸もくすぐったいから駄目、キスももちろん駄目とダメダメつくし。仕方がないのでひたすらに腰を振り続けてなんとか発射。

 いやーしかし、2回戦目にマグロ嬢はきつい。顔も可愛く、スタイルも素晴らしいのに、ここまでサービス精神がないのはもったいない。1000バーツでもリピートはありません。まあ、とにかく今回も2回連続で嬢と遊ぶ漢気チャレンジに成功しました。ちょっとした達成感を胸に自分の部屋に戻りました。

パタヤで夜遊びするときのおすすめのホテルはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です